ギモンを解決☆初めてのペットホテル

大事なペットを大切に扱う為に

最近では犬や猫、小動物などを飼われる方が増えてきています。特に猫はかなり増加しています。ペットを飼うと、やはり長期間家をあけることが難しいと考える方は多いのではないでしょうか。家にそのままおいておくわけにもいきませんよね。

知人友人に預けるのも良いですが、そんな時にはやっぱり専門知識を持って対応してくれるペットホテルを活用したいですよね。お金は掛かってきますが、体調管理であったりストレス発散、緊急時対応などきめ細やかなサービスを提供してくれます。

最近では駅近に増えてきていますが、場所によってはサービスの質や内容、料金なども変わってきます。これらの各ホテルの情報を比較して見ることができるサイトになっています。とにかく安いところ、獣医師がいるところなど利用される方によってニーズも変わってきますので、こちらのサイトを活用して自分にあったところをお探しください。

ワンコット

ワンコットは猫や犬を一時的に預けることができるペットホテルです。チェックインとチェックアウトの時間は決められていますが、電話やメールを使えば半年前から予約ができるので、余裕を持って行動できる点が魅力的で人気があります。

室内には広々としたフリースペースが完備されていて、完全個室になっています。また、24時間常駐スタッフも管理しているので、ペットの安全性を素早く確保することができます。深夜の出入りにも気を付けているので、管理体制は抜群です。

ホテルでペットを管理するときは、専門のトレーナーによって指導をするので、体調の異変などが起きたら、すぐに対処して大きな問題に発展しないように全力を尽くしています。

イオンペット

イオンペットは、買い物や旅行などの留守中にペットを預ける事が出来る24時間体制のペットホテルです。成田空港のターミナルから直通の場所にも店舗があるため、東京近郊にお住いの方を中心に利用者が多く、海外旅行をする前にペットを預けやすくなっており便利です。

犬の預かりは10歳未満の小型犬から大型犬まで対応しており、サイズに応じた個室も用意してあるため安心して預ける事が出来ます。預かり期間中は、飼い主さんに代わりスタッフが散歩も行います。また、犬だけではなく猫の預かりも行なっており人気です。

預かり期間中は、ペットホテル内にある清潔な空間で遊べるようになっており快適に過ごす事が可能です。待ち時間を活用してトリミングのサービスがあり、シャンプーやカットを行えるため綺麗な状態で帰宅する事が出来ます。

羽田空港ペットホテル

羽田空港ペットホテルは、羽田空港内にあるペットホテルなので、出発間近までペットと一緒に過ごすことができます。また旅先から帰ってきたときも、いち早くペットに会うことができます。国際線、第1旅客、第2旅客と、各ターミナルに店舗があって便利です。

飛行機のクラスのように、エコノミー、ビジネスクラス、ファーストクラスが用意されていて、クラスによってスペースや料金が異なります。安い料金で利用したいなら、エコノミーを選ぶといいでしょう。エコノミーでも、他のクラス同様、広いドッグランで1日2回遊ぶことができます。

また、ファーストクラスを利用すれば、ペットが元気がどうかを確認するために、1日1回携帯に画像を送ってもらえるサービスを受けられます。長い旅行で、ペットの状況が気になる人に向いています。

Joli

急な旅行や出張となるとペットを預けられるがどうしても必要になります。だけど、ペットは家族だからきちんとお世話をしてくれるペットホテルを利用しましょう。そこでJoliの場合なら飼い主とペットに合わせたサービスを提供してくれます。

ちなみにペットホテルを利用する場合、どうしても気になるのが価格になります。例えば、旅行や出張が長期になれば当然、預けておく期間が長くなります。そうなると、当然費用もかさんでしまいます。なので、利用する前に料金の確認が必要です。

そこで、Joliでは長期利用者のために割引サービスがあります。それに宿泊以外にもサービスがあります。泊まるついでにトリミング・シャンプーをすればペットも気持ちよく過ごすことができます。

ラブワン

ラブワンは東京都内に3店舗を構えるペットホテルです。宿泊で家を空ける際、愛犬を預けることができます。経験豊かなドッグトレーナーが24時間在駐しているので、預かり中の愛犬が快適に過ごせるようにサポートしてくれます。

部屋は小型犬向け、中型犬向け、大型犬向けとスペースにちがいがあり、また部屋タイプもハウス、タワールーム、スイートルームが用意されています。愛犬の性格や予算に応じて、最適な宿泊環境を選べるようになっています。

また広々としたフリースペースがあり、2~3時間ごとに愛犬が走り回って遊べるので、ストレスを溜め込むことなく過ごすことができます。清掃面を徹底しているので、免疫に弱い場合も、安心して預けることができます。

ペッツワン

ペッツワンは時間制のペットホテルですが、施設内にはドッグランや数多くの遊具が充実しているので、ペットたちはストレスを溜めることなく遊ぶことができます。ドッグランは無料で利用することができて、年中無休です。

ドッグランには平均台があって、小型犬だけではなく中型犬でも遊べるようなところがあります。しかし、事前に利用方法やルールは決められているので、利用者は必ず守るようにしてペットと一緒に遊ぶようにしましょう。

ペットと一緒に遊ぶときは、店舗のカウンターで予約をします。予約が殺到してしまうと制限がかけられてしまう可能性があるので、条件を確認してからペットホテルを利用してください。

ペットと一緒に宿泊できるホテルの需要

家族の一員として迎え入れられるペットですが、一昔前までは、一緒に宿泊できるホテルはなかったです。しかし、ペットと一緒に旅行に出掛けたいという需要も増えています。需要が増えたことで、そういった宿泊施設も増えてきました。温泉がある宿泊施設では、ペット専用の浴場も用意されています。勿論、温泉ですので、ペットも旅の疲れを癒やすことができます。ペット個体差によって、お風呂が嫌いな子もおり、あまり入りたがらない子もいるかもしれません。旅の思い出づくりの一貫として、一緒に温泉に入ることに挑戦するのも旅の醍醐味です。勿論、その子の調子を見ながら、入浴をさせてあげます。余りにも嫌がる場合や体調が悪くなったりしたら、入浴を止めるようにします。宿泊の前に、自宅で予行練習をしておく方がよいです。

宿泊施設では、ペットの食事も用意してくれる施設もあります。一般的に、犬や猫が食べてはいけない食材が使われることはありません。しかし、これも個体差のある問題なので、アレルギーを持っていたり、獣医から摂取を控えるように言われている食材がある場合は、予約時に伝えるようにします。この食事の問題は、人も仝なので、アレルギーを持っている人は前もって伝えて、食事にはその食材が使われないようにします。また、アレルギーだけではなく、宗教の観点から食べられない食材があることもあります。そういった場合も、前もって伝えることで、宿泊施設側に対応をしてもらいます。前もって伝えておけば、基本的には対応してもらえるはずです。対応が難しい場合も、予約時にそれがわかるので、別の宿泊施設を探すことができます。

ペットとの旅行には、自家用車で移動する人が多いです。高速道路のサービスエリアには、ドックランが設置されています。自家用車での移動では、狭い空間に入って長時間移動することになります。ドックランを利用すれば、気分転換にもなり、運動不足も解消できます。いきなり、サービスエリアのドックランでデビューは、ハードルが高いので、地域のドックランを利用してみておくとよいです。室内飼だと、他の犬との交流があまりないことも考えられます。他の犬と一緒に遊ぶ経験を積んだ上で、サービスエリアのドックランを利用します。犬同士の楽しい時間を過ごしている間に、飼い主通しの情報交換もできます。お得なペット同伴宿泊施設の情報を教えてもらえるかもしれません。互いの情報を一杯交換して、次の旅にて活用します。

カテゴリー